2024-05

スポンサーリンク
Soundtrack

湯浅譲二 / 悪霊島 オリジナル・サウンドトラック (1981年)

鵺の鳴く夜は恐ろしい──世界ではじめてビートルズのナンバーが使用された映画『悪霊島』──1980年に世を辞したビル・エヴァンス、そしてジョン・レノンについて回顧しながら、角川映画、最後の横溝作品と、細密な描写が際立つ湯浅譲二によるスコアについて語る。
Fusion

Dave Grusin & Lee Ritenour / Harlequin (1985年)

長年の盟友であるデイヴ・グルーシンとリー・リトナーとによるブラジル出身のイヴァン・リンスをフィーチュアしたコラボレーション・アルバム『ハーレクイン』──リトナー&グルーシンのこの10年、ふたりの2024年の新作『ブラジル』にも触れながらその魅力を語る。
Jazz

Victor Feldman / The Arrival Of Victor Feldman (1958年)

マルチ・インストゥルメンタリスト、ヴィクター・フェルドマンの柔軟な音楽性が見事にアライヴした一枚『ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン』──マイルス・デイヴィス、スティーリー・ダン、L.A.エクスプレスなどにも触れながら作品を再評価する。
Soundtrack

松任谷正隆 / 時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック (1983年)

愛の予感のジュブナイル──名作映画『時をかける少女』のオリジナル・サウンドトラック盤 を聴いて1983年へタイムリープ!映画の世界観とともに、女優=原田知世、映画監督=大林宣彦、音楽家=松任谷正隆について、自分なりに語ってみた。
スポンサーリンク